「社長のIT秘書」 クリエイトバリュー中村宏 title=

弱者の情報戦略は軽装備でやろう

2016-01-12

弱者の情報戦略は、軽装備を基本にして「お客様づくり」
のための情報活用を第一の目的にしましょう。

「軽装備」とはわざわざお金をかけて、新しいもの、複雑
なものを一から構築するのではなく、

今現在、職場にある身近な情報素材(アプリやデータや機
材)を活用して、もし足りないものがあればそれだけを調
達して、それを組み合わせて最大限の力を発揮させて、お
客様との信頼を強化するシステムを作るやり方です。

弱者は、決してカッコ良い、スマートなシステムを手に入
れる必要はありません。つぎはぎと言われたって、泥臭い
と言われたって良いんです。大切なことは自分たちの力で
、自分たちの目的のために、自分たちがやりたいやり方で
簡単に使えるものが作れるかどうかです。

だから、一般的に言われる、役立ちとか、神アプリとか、
そんなプロダクトアウトな発想はヒントにはなっても、決
め手にはなりません。

多くの社員が各々の専門の仕事を持ち、分業で仕事をする
大手企業が、業務の効率ために行う情報化とは、多くの中
小企業においては目的もシステム構築のプロセスも全く違
うのだと思った方が良いと思います。

だから、背伸びや無理をして大手企業のやり方をそのまま
模倣するのではなく、「自社の情報活用の目的」は何か、
その目的を達成するために、自分たちの実力からしっかり
と見据えて、今すぐに始められることから、1つ1つ着実
やって行くことをお勧めしたいと思います。

自分の仕事を効率化すると言うよりも、お客様を喜ばせる
視点に立って、お客様の満足につながる情報活用という着
眼点でものを見たとき、スマホというのは軽装備でも着手
できて大きく発展させることもできる、中小企業の情報化
にとって非常に有効なツールではないかと思います。

クリエイトバリュー 中村 宏

この話題に興味のある方からのご相談を、無料で引き受け
ます。以下の画像をクリックしてください。

無料相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です