「社長のIT秘書」 クリエイトバリュー中村宏 title=

有事に備えて連絡帳を一元管理

2016-01-11

ほんの小技を2つほどご紹介した後は、いつもの「弱者の
情報戦略」の続きをやりましょう。

今日は、お客様などの情報を入れているいるiPhone、iPad
などの連絡先(アドレス帳)を一元管理するお話です。

皆さんは、スマホを水没させたり、故障などに遭遇して、
仕事に使っているお客様などの「連絡先」を失いそうにな
ったことはありませんか。

あるいは、パソコンとスマホの間や、複数のスマホの間で
、同じ連絡先を共有して使いたいと感じたことはありませ
んか?

「連絡先」は、各々の端末の中に情報を保存する仕組みな
ので、ローカルな端末に保管するだけでは、その端末が故
障などで使えなくなると、その連絡先の情報も使用不能に
なります。

連絡先の一元管理

こういうリスクが顕在化することを防ぐのが、クラウドに
よる情報共有の仕組みです。例えば、iPhoneやiPadの世界
ではAppleIDを使って、Googleの世界ではGoogleアカウン
ト(Gmail アドレス)を使って、重要な情報を様々な端末
の間で共有することができます。

連絡先の一元管理

もし、日常使っているスマホにもしものことがあった時は
、AppleIDやGmailアドレスを使えば、他のスマホやパソコ
ンでクラウドに保管してある連絡先の情報を開くことがで
きますから、スマホが水没や故障があっても大丈夫です。

このように、連絡先は、端末のローカルな連絡先に保管す
るだけではなくて、必ずクラウドと連携させて、有事に備
えておきましょう。これは完全に自己責任でやることです
が、やり方は非常に簡単です。

ちなみに、パソコンはWindowsを使っていて、スマホは
iPhoneという組み合わせで、異種メーカーの機械を利用し
ている方が多いと思いますので、個人的にはAppleIDを使
う方法ではなく、Gmailアドレスを使ってGoogleの機能で
共有しておくことをお勧めしています。

AppleIDはiPhone、iPad、MacなどApple同士の端末をつな
ぐ仕組みですが、Gmailアドレスを使う方法ならメーカー
に関係なく、どの端末でも連絡先の共有ができるからです。

有事に備えて、このような対策をしておかれることを、是
非お勧めしたいと思います。

クリエイトバリュー 中村 宏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です